nokogiri.jpg

ノコギリカミキリ
Prionus insularis insularis Motschulsky, 1857

2005年7月6日 東京都府中市東京農工大学にて

雨上がりにクワの葉で静止していた♂

分  布

北海道、本州、四国、九州、

利尻島、奥尻島、佐渡、伊豆諸島、隠岐、壱岐、対馬、種子島、屋久島
出現時期 5〜9月
寄主植物 各種の針葉樹および広葉樹、タケ類など
体  長 23〜48o

夜行性で、灯火によく飛来します。

♂は手でつかむと後脚で上翅の縁をこすって発音します。

多くのカミキリムシと違い、前胸と中胸の境(いわゆる首の部分)に

発音するための構造がないので頭胸部を前後させて鳴くことはありません。

ニセノコギリカミキリに似ていますが、♂♀ともに触角は12節で、

前胸背板は点刻が少ないため光沢があり、

後脚脛節の上縁に溝状のくぼみがあることで区別できます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system