pikkunisehamushihana3.jpg

ピックニセハムシハナカミキリ
Lemula rufithorax Pic, 1901

2007年4月28日 東京都奥多摩町産

カエデの花に飛来していた個体(採集後に室内撮影)

分  布 本州、四国、九州
出現時期 5〜6月
寄主植物 未知(クリ、ミズキ)
体  長 6〜8o

山地に生息し、成虫は春にカエデやサワフタギの花に集まります。

クビナガハムシの仲間に良く似ています。

良く似た種にアカイロニセハムシハナカミキリがいます。

アカイロは腹部が一様に黒色であるのに対し

ピックは腹部の周辺部が黄褐色であることで区別できます。

pikkunisehamushihana2.jpg

腹面(上の画像と同一の個体)

BACK

TOP

inserted by FC2 system