shirosuji.jpg

シロスジカミキリ
Batocera lineolata Chevrolat, 1852

2006年7月9日 東京都奥多摩町産

灯火に飛来した個体(採集後に室内撮影)

分  布

本州、四国、九州、

佐渡、隠岐、壱岐、対馬、奄美大島、徳之島
出現時期 6〜8月
寄主植物 ヤナギ科、クルミ科、カバノキ科、ブナ科など各種広葉樹
体  長 40〜55o

平地から丘陵地にかけての雑木林でよく見られる大型のカミキリムシです。

♀は直径20〜30cmの幹の部分を選び、樹皮をかじって傷をつけて産卵します。

灯火にもよく飛来します。

雑木林の衰退とともに減少しているといわれています。

shirosuji2.jpg

2006年7月22日 東京都青梅市産(採集後に室内撮影)

上翅の斑紋が赤くなった珍しい個体

死んだ後も赤い色は残っています(2006年11月現在)。

BACK

TOP

inserted by FC2 system