taiwanmedaka.jpg

タイワンメダカカミキリ
Stenhomalus taiwanus Matsushita, 1933

2005年5月12日 カラスザンショウ材より羽化脱出

東京都八王子市産(室内撮影)

分  布

本州、四国、九州、

伊豆諸島、隠岐、対馬、南西諸島
出現時期 3〜10月
寄主植物 サンショウ、イヌザンショウ、カラスザンショウ
体  長 4.5〜7.5o

小型のカミキリムシで、灯火によく飛来します。

本州から南西諸島まで幅広く普通に見られます。

カッコウメダカカミキリに似ていますが

上翅のV字模様が2つあることで区別は容易です。

静止する時は触角を前に伸ばします。

BACK

TOP

inserted by FC2 system