タカオメダカカミキリ
Stenhomalus takaosanus Ohbayashi, 1958

2007年1月4日 ブナ材より羽化脱出

東京都奥多摩町産(室内撮影)

分  布 北海道、本州、四国、九州
出現時期 4〜7月
寄主植物 ブナ
体  長 3.5〜5.0o

成虫は春に出現し、カエデやミズキの花に集まります。

幼虫はブナの細枝に高密度で穿孔し、秋に材内で成虫となりそのまま越冬します。

東京都八王子市高尾山で最初に採集されたことが名前の由来となっています。

BACK

TOP

inserted by FC2 system