tatesujigomafu.jpg

タテスジゴマフカミキリ
Mesosa senilis Bates, 1884

2007年7月21日 奥多摩町にて

イヌブナ倒木のビーティングで得られた個体(採集後に撮影)

分  布

北海道、本州、四国、九州、

奥尻島、種子島
出現時期 5〜10月
寄主植物 サワシバ、ブナ、シラカシ、コナラ、シナノキなど
体  長 7〜12o

広葉樹の伐採木・倒木に集まります。

成虫はシナノキの生木に体と同じ大きさの穴を掘って

その中にはまって成虫越冬することが観察されているそうです。

tatesujigomafu2.jpg

2005年7月12日 広葉樹材より羽化脱出

山梨県産(室内撮影)

樹皮そっくりの模様で見つけるのは大変です。

BACK

TOP

inserted by FC2 system