togaribahosokobane1.jpg

トガリバホソコバネカミキリ
Necydalis formosana niimurai Hayashi, 1949

2004年6月20日 東京都青梅市にて

タンナサワフタギの立ち枯れに産卵のため訪れた♀

分  布 本州(関東以西)、四国
出現時期 6〜7月
寄主植物 タンナサワフタギ、サワフタギ、ハイノキ
体  長 12〜27o

成虫は立ち枯れの根元に静止する習性があり、産卵も根元付近に行います。

ホソコバネカミキリの仲間では一番採集しやすい種類です。

色彩には変異があるそうです。

togaribahosokobane2.jpg

上の個体を室内撮影

togaribahosokobane3.jpg

2006年4月6日 サワフタギ材より羽化脱出

東京都奥多摩町産(室内撮影)

黒いタイプの♂

BACK

TOP

inserted by FC2 system