usuba2.jpg

ウスバカミキリ
Megopis sinica sinica (White, 1853)

2006年6月12日 モミ材より羽化脱出

東京都八王子市産(室内撮影)

分  布

北海道、本州、四国、九州、

礼文島、奥尻島、佐渡、伊豆諸島、隠岐、壱岐、対馬、

種子島、屋久島、口永良部島、トカラ中之島、奄美諸島
出現時期 5〜9月
寄主植物 各種の針葉樹および広葉樹
体  長 30〜55o

名前の通り、上翅がやや薄くて柔らかくなっています。

夜行性で灯火によく飛来します。

幼虫はやや腐朽した材に穿孔しており

大きな樹洞の内壁に穿孔していることもあります。

usubalarva.jpg

終齢幼虫(神奈川県産)

長さ5cmのタッパーに体を縮めてなんとか収まる大きさです。

材にはもっと大きな幼虫もいました。

usubapupa.jpg

蛹(神奈川県産)

BACK

TOP

inserted by FC2 system