yamatoshiroobitora.jpg

ヤマトシロオビトラカミキリ
Kazuoclytus lautoides (Hayashi,1950)

2005年9月27日 モミ材より羽化脱出

東京都八王子市産(室内撮影)

分  布 本州、四国、九州
出現時期 4〜5月
寄主植物 モミ
体  長 6〜11o

早春に出現しカエデなどの花に集まりますが分布はやや局地的です。

シロオビトラカミキリやシラケトラカミキリに似ています。

本種の♂は後胸腹板後方に1対の長い突起を持ちます。

上翅端の白色紋や上翅前半の「八の字」白紋の形、

さらに前胸の形や上翅端が丸いなどの特徴を総合して

これら2種と区別できるそうです。

BACK

TOP

inserted by FC2 system