ミカンキイロアザミウマ
Frankliniella occidentalis Pergande, 1895

2017年4月28日 東京都台東区産

キク科植物の花に来ていた個体(メス成虫)を採集後に撮影
(プレパラート標本を作製して本種であることを確認済)

体長1mmほどのアザミウマで、さまざまな植物の花、果実、葉などを摂食します。

北米原産で、日本では1990年に千葉県で初めて発見されました。

体色は変異が大きく、全体淡黄色のものから全体暗褐色のものまで出現します。

アザミウマ類は微小かつ外観が似た種もいるため、正確な同定はプレパラート標本を作製して行います。

全体図(♀)

頭部・前胸の背面(♀)

中胸・後胸の背面(♀)

腹部第8〜9節の背面(♀)

2017年4月28日 東京都台東区にて

キク科植物の花に来ていた個体
(プレパラート標本を作製して本種であることを確認済)

2017年4月28日 東京都台東区にて

キク科植物の花に来ていた個体
(プレパラート標本を作製して本種であることを確認済)

BACK

TOP

inserted by FC2 system