チビコブカミキリ
Miccolamia verrucosa Bates, 1884

2008年5月24日 東京都奥多摩町にて

タンナサワフタギ枯れ枝から得られた個体

分  布 本州(関東以西)、四国、九州
出現時期 4〜10月
寄主植物 タンナサワフタギ
体  長 3.2〜4.2o

成虫はタンナサワフタギに集まり、葉や樹皮を後食するそうです。

越冬時にはタンナサワフタギの樹皮下に潜ることが報告されています。

日本産カミキリムシ検索図説(1992年)では本種はシロチビコブカミキリM.tuberculata と呼ばれていて、
現在のヘリグロチビコブカミキリ M.takakuwai がチビコブカミキリM.verrucosa と呼ばれていました。

BACK

TOP

inserted by FC2 system