フチグロヤツボシカミキリ
Pareutetrapha eximia (Bates, 1884)

2003年6月6日 東京都八王子市産

ホオノキの葉を後食に訪れた♂(標本)

分  布

北海道、本州、四国、九州

出現時期 5〜7月
寄主植物 ホオノキ、コブシ
体  長 11〜14o

丘陵地から山地にかけて生息しています。

成虫はホオノキの若葉に集まり、葉脈を後食します。

同じような色彩をしたハンノアオカミキリに似ていますが、

上翅の8つの独立した黒紋により区別は容易にできます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system