カエデノヘリグロハナカミキリ
Eustrangalis distenioides Bates, 1884

2008年5月24日 東京都奥多摩町にて

ハリギリ立ち枯れで交尾中の個体

分  布

北海道、本州、四国、九州、

奥尻島
出現時期 5〜7月
寄主植物 ハリギリ、コシアブラ
体  長 14〜20o

山地に生息し、カエデやミズキなどの花に集まるほか

夕刻にハリギリの立ち枯れに交尾産卵のため集まるそうです。

クロサワヘリグロハナカミキリに似ていますが

前胸に1対の黒点があることで容易に区別できます。

kaedenoherigurohana.jpg

2007年12月2日 東京都奥多摩町にて

朽木の蛹室から脱出できずに死亡していた個体

(採集後に撮影、頭部・脚は欠損)

BACK

TOP

inserted by FC2 system