ニセノコギリカミキリ
Prionus sejunctus Hayashi, 1959

2012年8月26日 東京都八王子市にて

外灯脇の立ち枯れに静止する♀

分  布

本州(関東以西)、四国、九州、
隠岐、対馬、五島列島、種子島、屋久島、口永良部島

出現時期 6〜8月
寄主植物 アカマツ、クロマツの根
体  長 24〜42o

平地から低山地にかけて生息しています。

夜行性で灯火に集まっているのをよく見ます。

ノコギリカミキリに良く似ていますが、

触角は♂で12節、♀で11節であること、

前胸背板は点刻が多いため光沢が鈍いこと、

後脚脛節の上面には縦溝がないことで区別できます。

BACK

TOP

inserted by FC2 system