sabi.jpg

サビカミキリ
Arhopalus coreanus (Sharp, 1905)

2006年7月23日 東京都奥多摩町産

灯火に飛来した個体(採集後に室内撮影)

分  布

本州、四国、九州、

佐渡、伊豆諸島、小笠原諸島、対馬、五島列島
出現時期 6〜9月
寄主植物 各種針葉樹
体  長 10〜27o

平地から山地にかけて普通に見られ、灯火によく飛来します。

体色は赤褐色〜黒褐色まで変化します。

ツシマムナクボカミキリやシナノサビカミキリに似ています。

前者とは前胸中央付近に目立ったくぼみがないことで区別できますが

後者とは非常に良く似ているので体の各部を詳しく調べる必要があります。

BACK

TOP

inserted by FC2 system