tetuirohime.jpg

テツイロヒメカミキリ
Ceresium sinicum White, 1855

2005年4月27日 ブドウ材より羽化脱出

東京都稲城市産(室内撮影)

分  布 本州(関東以西)、九州
出現時期 5〜7月
寄主植物 ケヤキ、アカメガシワ、サクラ、イチョウなど
体  長 9.5〜15.5o

通常は野外で成虫を見ることは少ないそうですが

ネズミモチの花に来ているのを見たことがあります。

各種広葉樹の細枝に幼虫が穿孔していて

材採集では多数の個体を得ることができます。

ヨコヤマヒメカミキリに似ていますが

前胸は細長く、色は上翅より明らかに濃いことで区別できます。

本州での分布は局地的で京浜・阪神地域といった都市域に集中していることから

外国からの移入種ではないかと考えられています。

BACK

TOP

inserted by FC2 system